ココ・シャネルから学ぶ 女性が輝く名言①

ココ・シャネルから学ぶ 女性が輝く名言①

 

20世紀最大のファッションデザイナーであり、世界中の女性たちを魅了し続けているココ・シャネル。激動の時代を生き抜き、「人生がわかるのは逆境のときよ」という偉大な言葉をはじめ、多くの名言を残しました。

女性がまだコルセットを着けていた時代、「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」と疑問を抱いたことをきっかけとして、周りの価値観に流されずに数々の斬新なセンスを展開。

ファッションブランドとしてだけではなく、新しい女性らしさの概念を打ち出し、自立した女性の象徴となった彼女の生き方は、時代を超えて多くの女性たちのお手本となっています。多くの逆境を乗り越えたココ・シャネルの、心に響く素敵な言葉たちをご紹介します。

 

失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。
You have to fail, and I do not succeed.

 

男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ。
As long as you know men are like children, you know everything.

 

シンプルさはすべてのエレガンスの鍵。
Simplicity is the keynote of all true elegance.

 

私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの。
I grew strong by swimming upstream against the current.

 

成功は、多くの場合、失敗が不可避であることを知らない人によって成就される。
Success is most often achieved by those who don’t know that failure is inevitable.

 

贅沢とは、居心地がよくなることです。そうでなければ、贅沢ではありません。
Luxury must be comfortable, otherwise it is not luxury.

 

世の中には、お金持ちな人と豊かな人ってのがいるわ。
There are people who have money and people who are rich.

 

その日ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。
You never know, maybe that’s the day she has a date with destiny. And it’s best to be as pretty as possible for destiny.

 

人生がわかるのは、逆境のときよ。
Life know is, when the adversity.

 

女は40を過ぎて始めておもしろくなる。
A woman does not become interesting until she is over 40.

 

香水をつけない女性に未来はない。
A women who doesn’t wear perfume has no future.

 

かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ。
In order to be irreplaceable one must always be different.

 

扉に変わるかも知れないという、勝手な希望にとらわれて、壁をたたき続けてはいけないわ。
Don’t spend time beating on a wall, hoping to transform it into a door.

 

男の人に小鳥の重さほどの負担もかけたいと思ったことはないわ。
I never wanted to weigh more heavily on a man than a bird.

 

私は贅沢が大好きです。贅沢とは、お金を持っていることや、けばけばしく飾り立てることではなく、下品でないことをいうのです。下品こそ、もっともみにくい言葉です。私はこれと闘う仕事をしています。
I love luxury. And luxury lies not in richness and ornateness but in the absence of vulgarity. Vulgarity is the ugliest word in our language. I stay in the game to fight it.

 

エレガンス とは、青春期を抜け出したばかりの人間がもつ特権ではありません。それは、すでに将来を手に入れた人間がもつ特権なのです。
Elegance is not the prerogative of those who have just escaped from adolescence, but of those who have already taken possession of their future.

 

下品な服装は服だけが目につき、上品な服装は女を引き立たせる。
Dress shabbily, they notice the dress. Dress impeccably, they notice the woman.

 

あえて一人でいることを大切にする時もあっていい。自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌だし、ましてや整理整頓することなどやめてほしい。
Dare I there is also when you cherish that you are alone. And to would not want to or is said Arekore to others their own values, let alone want to quit, such as be organized.

 

恋を追う女じゃないけれど、恋もしたわ。男というのは、苦労させられた女のことは、忘れないものね。
And but not a woman chasing love, was also love. Because man, is that of a woman who was allowed to struggle, we shall not forget.

 

愛がなくなったのに、一緒にいることほど惨めなことはありません。
Though love has disappeared, the fact I need together isn’t rather cruel.

 

流行とは時代遅れになるものよ。
Those that become obsolete to the epidemic.

 

私は好きなことしかしない。私は自分の人生を、自分が好きなことだけで切り開いてきたの。
I will not only be like.Am I my life, have been opened up in just that he likes.

 

もっと見る⇒ココ・シャネルから学ぶ 女性が輝く名言②へ

 

ココ・シャネルの魅力や名言にもっと触れたい方はこちらの本もおすすめ。

ココ・シャネル 99の言葉

 

ココ・シャネル 凛として生きる言葉 (PHP文庫)

ココ・シャネル 女を磨く言葉 (PHP文庫)

ココ・シャネルという生き方 (新人物文庫 や 1-1)

 

ココ・シャネル

 

20世紀を代表するデザイナーのひとり。1883年フランス南西部オーヴェルニュ地方ソミュールの救済病院で生まれる。12歳の誕生日を迎える前に母ジャンヌが病死、行商人の父アルベールに捨てられ、孤児院や修道院で育ち、18歳で孤児院を出た後、田舎町ムーランで1901年に仕立屋、1903年に下着屋でお針子として働き始め当時つきあいのあった将校たちに連れられ、グラン・カフェで歌手になりたいと夢見て、お針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで「Ko Ko Ri Ko/コケコッコウ」などを歌い「Qui qu’a vu Coco dans le Trocadero/トロカデロでココを見たのはだれ」などの歌の題名の(Coco)から、ココ・シャネルの愛称は生まれた。

婦人帽子デザイナーを経て、婦人服に進出、1920年カンボン街に「シャネル」を開店。働く女性のためにジャージーを素材に取り入れ、機能的で活動的なデザインを次々と発表し、とくにカーディガン・スタイルのシャネル・スーツは有名である。装飾性を重視したコスチューム・ジュエリーの発想、オートクチュールの名をつけた香水「シャネル5番」の発売なども彼女の業績である。また、ピカソ、コクトーら芸術家から貴族までの多彩な交友は有名で、パリ・モード界の女王として君臨した。

(参考引用:Wikipedia/コトバンク)

\LINE@でお問合せ/

お得なカウンセリングクーポン配信中です!

友だち追加

お問合せフォームはこちら

SNSでフォローする

【あなたの心が1mm軽くなる婚活相談】
あなたの婚活のお悩み、質問をお寄せください。
こちらのサイト内の記事、音声、動画などで回答を配信させていただきます。

個人情報は公開されませんので、安心してお送りください。
あなたの心が今日より明日、1mmでも軽くなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です